バラを綺麗に咲かせるために|花に囲まれた生活を送ろう!

男の子

球根の植え方

苗木

球根の植え方にはコツがあります。球根の植え付けで気をつけておきたいのは、「浅く植える」ということです。浅く植えることで、球根はスクスク育っていきます。ちなみに球根は、地植えで育てるのとプランターによって育てるのとでは、水やりの方法が変わってきます。

もっと見る

苗木は苗木専門店で

ガーデニング

苗木の植え付けを趣味としている人は少なくありません。数ある苗木の種類の中でも、特に人気があるのがプラムを含む果樹類です。これらは上手に育てられれば綺麗な花を咲かせたり、おいしい実をつけたりします。

もっと見る

花の苗の育て方

園芸

花を育てるときには、花の苗本体以外にも、鉢や用土や肥料など、様々なアイテムが必要となってきます。花の苗は専門店で購入することもできますが、通販サイトでも購入できます。

もっと見る

認知度が高く人気の花

ガーデニング

花の種類は何百種類とあります。1つの種類も細かく分けることができるので、それを含めると膨大な数の種類となります。日本国内でも、多くの種類のバラが見られます。種類によって色、形状、香りなど、それぞれ違った特徴を持っています。人気のある種類を花屋で購入するとなると、5,000円以上することもあります。バラは育てやすい花なので、一般家庭だけでなく学校などで育てられることがあります。バラは日本においてとてもポピュラーな花であり、かつ愛されている花なのです。

バラの育て方には、2つのポイントがあります。1つめのポイントは「どこで育てるか」という点です。庭や鉢に植えたいのであれば、四季咲きの立木性バラが適しています。壁に這わせるような感じで育てたいのであれば、一季咲きで、かつつる性のバラが良いでしょう。工夫すればアーチ状に育てることができます。2つめのポイントは「どの状態から育てるか」という点です。初めてバラを育てるという方は、苗木の状態から育てましょう。ホームセンターや苗木専門店でも苗木の状態で販売されているケースがほとんどです。種から育てることももちろん可能ですが、ほとんど市場に出回っていません。ちなみに、バラを上手に育てるには肥料の存在が必要不可欠です。なぜなら、バラは他の花よりも肥料をたくさん必要とする花だからです。有機質肥料でも液体肥料でもどっちでもよいですが、量や撒くタイミングなどは、説明書きなどをしっかり読んだ上で、正しい方法でやることを意識しましょう。